インフラエンジニアの転職

インフラエンジニア@転職活動 | 正社員かフリーランスで悩んでいる人へ


トップ 正社員 フリーランス 派遣社員


インフラエンジニア@転職活動 | 正社員かフリーランスで悩んでいる人へ

昨今のクラウド技術の浸透やスマートフォンの爆発的な普及、企業のITインフラの見直し等により、インフラエンジニアの需要は高まっています。インフラ領域でのニーズは拡大し多様化しています。今後インフラエンジニアに求められる技術も変わっていくことが予想できます。LAMP環境での開発経験、仮想化技術等の経験者は市場価値が高まりそうです。常に新しい技術を取り入れ自分を磨く方は、インフラエンジニアの業務内容が劇的にかわったとしても対応していけるでしょう。また、未経験の方でも頑張り次第で、インフラエンジニアへの転職を実現させることも可能です。
転職を検討中のインフラエンジニアの方、今後転職でインフラエンジニアを目指そうと考えている方は、ぜひこのサイトの情報を活用して納得のいく転職をしてください。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT/WEB業界で高い評判のITエンジニア専門転職エージェントです。キャリアコンサルタントに元エンジニアが多く、どのようなスキルがどこの現場で評価されるのかを把握しており、転職希望者に最適な職場を紹介してくれます。転職支援の満足度が非常に高いことも人気の理由です。

公式サイトはコチラ

ワークポート

IT業界に特化した転職サポートが魅力のワークポート。2013年にリクルート主催の「AGENT AWARD」で、転職決定人数部門 第1位を受賞しました。知名度もどんどん上がっており、人気の高い転職エージェントです。ITを専門的に扱う転職エージェントの中では一番規模の大きな転職エージェントです。

公式サイトはコチラ

リクルートエージェント

リクルートグループと言えば、誰もが知っている大手です。リクルートエージェントは、リクルートグループの人材紹介部門です。求人数、転職支援実績についてはNo1でしょう。企業のブランド力が強く、優良な求人を独占的に受注できているのも大きなメリットです。1つの業界に特化しているというわけではありませんが、転職希望者の職種や経歴に合わせたキャリアコンサルタントを担当させてくれるので、転職希望者とコンサルタントのミスマッチが起こりにくいのも特徴です。

公式サイトはコチラ

インフラエンジニアに転職するなら正社員? フリーランス?

正社員やフリーランス等の雇用形態によって収入や業務形態が異なります。
もちろんそれぞれにメリットとデメリットがあるので、よく考えた上で自分に合う雇用形態での転職をオススメします。
↓リンクの、雇用形態別の解説を参考にしてください!


安定を求め、企業に属してのキャリアアップを望むなら正社員  インフラエンジニアで安定性や将来性を考えるなら正社員を目指そう!


高い収入を得られる? 得意分野で自由に勝負したい人はフリーランス  自由に働きたいインフラエンジニアにはフリーランスがおすすめな理由



インフラとは基盤という意味です。生活に最低限必要である道路や電気、ガス、水道などのことをインフラと呼びますよね。コンピュータのネットワーク上で必要な通信機器や回線、サーバーの構築など、システムに必要な機材の構成であったり、新しいシステムへの移行などの業務をメインに手がけるのがインフラエンジニアです。インフラエンジニアは、自社や顧客のシステムの基盤を担当することになるので、非常に重要な仕事であると言えます。インフラエンジニアとして働く際には、基本的には常駐して作業を行うことになると思います。ネットワークの構築から始まり、後の運用・保守業務も含めると、一つの仕事が長くるのも特徴です。