フリーランスで働くインフラエンジニア

インフラエンジニア@転職活動 | 正社員かフリーランスで悩んでいる人へ


トップ 正社員 フリーランス 派遣社員


自由に働きたいインフラエンジニアにはフリーランスがおすすめな理由

フリーランス/正社員/派遣社員 と雇用形態の違いはありますが、正社員で働いていても、フリーランスで働いていたとしても派遣社員でも、仕事内容自体にあまり違いはないことがほとんどなのです。
それなら多くの収入を得られそうなフリーランスって魅力的だと思いませんか?

とは言っても、フリーランスとして働いていくのは「なんとなく不安…」という方も多いと思います。
それぞれのメリットやデメリットを把握して、自分に合う方を選びましょう!


雇用形態 メリット デメリット
  • 収入が増える
  • 自由に使える時間が増える
  • 仕事を選ぶことができる
  • 確定申告による節税
  • 自発的に動かなければ
    仕事はない
  • 収入の安定度がない
  • 資格試験などの支援がない
  • 安定した収入
  • 講習や試験の支援がある
  • 重要度の高い案件を任される
  • 昇進していけば収入が増加
  • 頑張りが収入に結びつきにくい
  • 働き方への制約が多い
  • 成果を上げても会社の成果と
    みなされやすい
  • 組織の歯車という自覚からくる
    モチベーションの低下


上の表に挙げた事はいくつかの例ですが、参考にはなると思います。
フリーランスのメリットで、皆さんが一番気になるところは、収入が増えることでしょう。
正確に言うと、持っているスキルや培ってきた経験が収入に直結するのです。
フリーエンジニアとしての報酬は、本人のスキルや案件の契約単価などによって変わってきます。
エンジニア本人に対する評価が、そのまま報酬に反映されることになるので、企業に属して固定給を貰うよりも多くの収入を得る可能性は高いと言えます。

個人の評価が報酬や今後の仕事に直接関わってくるので、仕事に対する高いモチベーションを維持できるのも魅力的です。
また、自分のキャリアプランやライフスタイルを考えて自由に働けるので、柔軟な働き方ができることも嬉しいですね。
プロジェクトの合間の時間を有効に使ったり、家庭を持っている方は子育てをしながらなど、非常に充実感のある生活が送れるでしょう。



フリーランスの案件を探すなら『レバテック フリーランス(旧:@Agent)』
↓↓↓



フリーランスのインフラエンジニアは転職エージェントで案件を探そう

「フリーランスになったけど、仕事はどうやって探すの?」
そんな方はぜひここの情報を参考にしてください。
正社員の頃は、会社が仕事を用意してくれました。仕事は選べなかったかもしれませんが、とりあえず何かやることはあったでしょう。

しかし、フリーランスになったなら自分で案件を探さないと仕事ができません。
しかも案件の契約に関する交渉なども自分でこなさなければならないのです。
こう言うとすごく難しいことのように聞こえますが、人材派遣会社のサービスを利用すれば案件を探すことが可能です。

オススメしたいのは、Leverages株式会社の展開するサービスのレバテックフリーランス(旧:@Agent)です。
主にIT/WEB系のフリーランスエンジニア、デザイナー向け案件情報を提供してくれるサービスです。
誰でも簡単に登録することができ、案件の数もかなり多いので、自分のやりたい仕事を選ぶことができます。

徹底したカウンセリングで、こちらの要望を全て吸い上げ、そのカウンセリングの情報を元に案件を提案してくれます。
仕事内容、働き方、報酬などの希望を伝えれば、それに対して一切の妥協をせずに案件を提示してくれるのです。
その為、利用者の満足度は非常に高いです。

レバテックフリーランスのコーディネーターは、業界事情や技術にも精通しており、技術的な相談も可能です。
実際に案件が決まり、仕事に参画中もサポート体制は変わらないので、安心感を持って働くことができます。
もし何か不安なことや、問題が発生した際なども、担当の方に相談しましょう。






フリーランスの案件紹介なら 公式サイトはコチラから


レバテックフリーランス(旧:@Agent)の詳細はコチラから








正社員で働くならコチラ >> インフラエンジニアで安定性や将来性を考えるなら正社員を目指そう!


クラウド技術の浸透や普及に伴って、企業がサーバー仮想化によるコストダウンを検討したり、ITインフラの見直しをしたりする企業が増え、これによりインフラエンジニアは業界での需要が高まり、人数が不足している状態です。既にフリーランスで働くインフラエンジニアの方は、近年案件の求人募集が増えていることを実感していることでしょう。ですので、インフラエンジニアがフリーになるタイミングとしては、今はとても良いのではないかと思います。コンシューマーに向けたサービスを行っている事業者は、スマートフォンの普及もあり急速に数を伸ばしており、インフラエンジニアの需要は今後も高いことが予想できます。転職活動時には、システムの設計や用件定義の経験や、ネットワーク機器の導入経験、運用経験、アプリの開発経験があれば有利に働きます。一番求められるのはクラウド技術に精通していることでしょう。業界での需要が多いということは、特定の企業に属さないフリーランスのエンジニアでも、案件が探せないという事態に陥りにくいので、ぜひともクラウド関連の知識や技術はモノにしておきましょう。