インフラエンジニアは正社員が良い

インフラエンジニア@転職活動 | 正社員かフリーランスで悩んでいる人へ


トップ 正社員 フリーランス 派遣社員


インフラエンジニアで安定性や将来性を考えるなら正社員を目指そう!

インフラエンジニアの転職市場では、仕事環境や収入の安定を求めて正社員での就業を目指す方が多いようです。
将来性の確保であったり、病気にかかったり怪我をしてしまって働けない場合でも一定の収入が保障されている点が魅力的ですね。

正社員として働いていると、プロジェクトで指示を出す立場になることも多く、リーダーシップやプロジェクトの全体を見られる広い視野が必要になります。重要な案件ならなおさらそうなるでしょう。
企業側からすれば派遣社員よりも正社員に投資したいので、技術的な部分で成長できるような案件は、なるべく正社員に任せたいと考えるでしょう。
他にも、技術力向上や資格取得に向けた講習や試験の費用を出してもらえるのも正社員だけであり、大きなメリットです。

正社員で雇用される主なメリットはこんなところだと思います。
特に安定性や保障といったところでは、歳を重ねる毎に重要度が増す部分でしょう。
30代後半以降の、転職が難しい年齢になったり、結婚して家庭を持ち、子供を育てる状況などで、正社員というステータスは非常に良いものに思えるはずです。


IT系の転職に強い『ワークポート』
↓↓↓


インフラエンジニアで正社員として転職するには?

20代後半〜30代の方が正社員として転職する為には、明確にアピールできるスキルが必要になります。これくらいの年齢の方は、企業から即戦力として考えられており、後にプロジェクトを仕切るリーダーとしての成長を期待されています。

20代前半の第二新卒クラスの方は、未経験でもポテンシャル採用されることもあります。もちろん未経験となると周りの社員以上の努力が必要になるので、必至に頑張らないといけません。
転職する際にはしっかりと将来の自分を想像し、どのようなキャリアを辿るかを考えておきましょう。

正社員として雇用され、その企業でずっと働いていくのなら転職活動時に選ぶ企業を間違ってはいけません。
もしも転職先の企業がミスマッチだと、すぐに仕事を辞めてしまったり、ストレスで体調を崩す恐れがあります。
そのようなことにならない為にも、転職のサポートをしてくれるサービスを利用しましょう。



IT/WEBエンジニア専門転職エージェント『レバテックキャリア』
↓↓↓


転職エージェントで効率良く転職活動を

転職のサポートをしてくれる転職エージェントとは、無料で利用できる人材紹介サービスです。
転職希望者と企業の間に入り、求人案件の紹介、職務経歴書作成のサポート、面接対策などが受けられます。

転職エージェントの種類は多いのですが、自分の目指す業界や雇用形態、住んでいる地域などで選ぶと良いです。ポイントは、業界に特化した専門性の高い転職エージェントを利用することです!

インフラエンジニアで正社員としての転職を目指す際にオススメしたいのは、『レバテックキャリア』です。この転職エージェントは、IT/WEB系のエンジニアに特化した転職支援で有名なのです。
実際に支援をしてくれるコンサルタントに元エンジニアの方が多く、業界の事情や技術について精通しているのが特徴です。
また、求人案件を出している企業とも頻繁に連絡を取り、現場の状況や、今求められている人材についての情報交換を行っているので、転職希望者と紹介企業のミスマッチが起こりにくいのが強みでしょう。

ただし、主な転職支援地域が関東圏であり、強力なサポートが受けられるのは関東圏に限られていることに注意してください。
もし他の場所にお住まいであれば、別の転職エージェントを利用しましょう。






東京・関東圏のエンジニア転職なら 公式サイトはコチラから


レバテックキャリアの詳細はこちら




関東圏以外の地域のエンジニア転職は 公式サイトはコチラから


ワークポートの詳細はこちら




業界最大手の求人数なら 公式サイトはコチラから


リクルートエージェントの詳細はこちら








フリーランスで働くならコチラ >> 自由に働きたいインフラエンジニアにはフリーランスがおすすめな理由


インフラエンジニアはネットワークやサーバなどの、企業におけるシステムの基盤となる部分を担当する職業です。昨今のスマートフォンの普及や、クラウド技術の浸透によりインフラエンジニアの需要は高まっています。特にスマートフォン向けサービスの成長が大きく、コンシューマーに向けたサービス提供をする企業などからの求人募集が増えています。そういった企業で求められる技術は、不特定多数のユーザーからのアクセスを想定した負荷に耐えるシステムの構築経験などです。インフラエンジニアは正社員としてキャリアを積み、後に企業のインフラ部門を統括できるリーダーを目指しましょう。収入面での期待を膨らませるなら、システムの提案や導入についての知識も必要になってきますが、プロジェクトマネージャーへのキャリアチェンジを検討しましょう。